アンディ・ルービン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンディ・ルービン(Andy Rubin、1962年 - )は、Androidの責任者として活動して、「Androidの父」と呼ばれている人物。

概要[編集]

1989年にアップル社に入社。アップル社の子会社などで働く。

アップル社を離れてからは、Danger社を創立して社長(CRO)となる。しかし、2003年に株主の役員会決議で解任。同年にAndroid社を創立する。2005年にAndroid社がGoogleに買収されてからは、Googleに所属。Android部門の責任者となってモバイルOSの開発に着手。世界最大となるモバイルOSを育てていく。

2013年3月13日(現地時間)、Android部門はパソコン向けのChrome部門と統合されることが発表。Android部門の責任者だったルービンはその地位から退任することとなった。現在は新種のロボット開発に着手。水面下でロボット技術を持つ7社を買収したとされる。 Category企業業家