アナウサギ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アナウサギは、を掘って生活しているウサギのことである。人間に飼われているカイウサギはアナウサギを改良したものである。

概要[編集]

主に土の穴(巣穴)をほり、危険を感じたら巣穴へ逃げる。警戒心が強くて耳がよく、もうすぐ敵が近づいてきたかどうか分かる能力があるが、果たして目の前に急に透明人間どこでもドアタイムマシンが現れたらどんな反応するだろうかと思われている(笑)。もしかしたらそのような未来を予知する能力があるかもしれない。もしくはビックリして気を失うかもしれない。

仕草[編集]

カイウサギとほぼ同じであるが、人間に飼われないので甘えなどの仕草はしない。

仕草一覧[編集]

  • 穴を掘る - これはうさぎの本能で、巣を作るときに行う。カイウサギもその名残で同じ行動をとる。
  • 後ろ足で立つ(うたっち) - 警戒してるときやかまってほしいときにする。
  • 毛繕い(顔を洗う)
  • 後ろ足で大きい音を鳴らす(足ダンス) - 主に警戒してるときやイラついてるときにする。

関連項目[編集]