よみもの:Jリーグ参入

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
X mark.png よみものページ
この「よみもの」は、221.24.144.23が執筆したものです。
他ユーザーの編集はご遠慮ください。
(誤字の修正などは歓迎いたします。)

1991年創設、1993年に開幕した日本初のプロサッカーリーグJリーグ」は、その理念、Jリーグのホームタウン構想を理想としたリーグ運営と社会貢献により、日本のスポーツ文化地域社会にさまざまな変革をもたらした。

Jリーグ開幕から始まるJリーグブームを観て、Jリーグの理念を信じた全国の各地方の人々は、自分たちの地域にもサッカークラブをつくり、Jリーグ入りを目指そうと活動を活発化する。

Jリーグの理念、ホームタウン制にあげられる地域密着型のスポーツクラブを作るなどして、JFA(日本サッカー協会)のピラミッド型のサッカーリーグ体系の最下リーグである地域リーグから参戦、優勝するなどし順次上のリーグに昇格して日本サッカーのトップリーグであるJリーグ(J1)を目指そうとする動きが起こる。

また、Jリーグの下部リーグであるJFL(日本フットボールリーグ)の企業チームを誘致、プロ化し、Jリーグ入りを目指す動きも起こっている。

これらの動きは現在も進行しており、地域経済の活性化(まちおこし)、地域の連帯感形成と他地域との差別化、地域文化スポーツ文化ボランティア文化の発展と繁栄、スポーツクラブへの参加による地域住民の健康増進など様々な好影響を生んでいる。

一方、Jリーグ入りを急ぐあまり高額な年俸の選手を多く抱え赤字経営体質に陥るクラブも生じ、身の丈にあったクラブ経営が望まれている。