よみもの:個人向け国債の広告

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、ウィキペディアに誰かが書いたものを移入したものです。
他ユーザーの編集も歓迎いたします。
  • 「国債っていいかも。」(藤原紀香) 「藤原さんのイメージを通じて、国債が身近で安全な投資対象だと知ってもらいたい」(財務省
  • 「どこから見ても、安心、手軽。」『貯蓄の先を見つめています。』(松本幸四郎小雪) 「個人向け国債について広く一般に周知していきたい」(財務省)
  • 「1万円から買えるのがいい。」「安心できるのがいい。」(小雪、本木雅弘) 「個人保有を促進し、国債の保有者を多様化させることは、安定的な国債市場の形成や国債の円滑かつ確実な発行にもつながるものと期待しています」(財務省)
  • 「国債を持てる男子は、女性にモテル!!・・・か!?」

2010年、新たに発売された3年満期の固定利付債(「固定3」)の広告で使用されたタイトル。広告内では妙齢の女性「未来の旦那様はお金に真面目な人がいい!遊び人はNGです」、「株なんかは、やっぱり専門の投資家がやるものだと思うし、生活のことを考えるとちょっと怖いんです」などと語る設定となっている。この広告についてはブルームバーグの英語版でも全世界にニュースで配信され、その記事では、アナリストの『破れかぶれという感じだ・・・個人投資家を引き付ける戦略になるとは思えない』とのコメントが掲載された。銀行や証券会社等の金融機関は金融商品の広告作成について金融商品取引法やその他の規制を受けており、同様の広告を金融機関が作成した場合には法令違反となる可能性がある(この広告主体は財務省であり、同省は同法の規制対象ではないため法令違反にはならない)。尚、広告が作成された当時から2013年現在に至るまで、国債を保有することと異性から好意を寄せられることの因果関係についての実証は得られていない。