けものフレンズ (アニメ)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

けものフレンズ』は、同名のプロジェクト『けものフレンズ』のアニメ作品

概要[編集]

2016年10月にテレビアニメ化を発表[1]。2017年1月から3月まで放送されている。最終回放送後、新作映像制作が発表[2]

ストーリー[編集]

第1話
記憶喪失の状態でジャパリパークにいたかばんは、サーバルに追いかけられていた。自分が何者か分からないかばんは、サーバルに言われて図書館に向かうことにする。大変ながらも進んでいき、途中の水場ではカバが出てくる。カバはかばんに自分の身は自分で守るように言いつつも心配して色々と注意してくれている。
サバンナの外に出るところに巨大なセルリアンが現れる。サーバルは倒そうとするも弱点の石は背中にあり、攻撃できずにいた。そこでかばんが紙飛行機で気をそらしたことで、サバンナが石に攻撃して倒すことに成功した。途中でかばんが襲われそうになって危ない場面もあったが、カバに助けられている。
サバンナを出てジャングルに入り、かばんはサーバルと別れることになる。しかし、かばんのことが気になったサーバルはついてきてくれたのだった。そして、呼び方も「サーバルちゃん」に変わるのだった。ジャングルを進んでいくと謎の生物ラッキービーストが現れる。そして、ラッキービーストが言葉を話したことで、サーバルは驚くのだった。
第2話
ラッキービーストに図書館へ行きたいと言うかばん。ラッキービーストの説明を受けている途中にかばんは疲れて寝てしまう。その後、サーバルはラッキービーストに話しかけるも反応がないのだった。
ラッキービーストに検索をしてもらい、目的地の図書館へ向かう。遠いのでジャパリバスに乗って移動することにする。バスがあるところまでジャングルを通っていく。ジャングルの中では様々なフレンズたちと会うのだった。
ジャングルを抜けたところで、大きな川があって道が途絶えていた。ラッキービーストも戸惑いを隠せずにいると、壊れている何かをコツメカワウソが滑り台にして遊んでいるのを見かける。ジャガーに川を運んでもらえることを聞いて、カワウソと遊びながら待つことにする。遊びに夢中であやうくジャガーをスルーしそうになったが、呼び止めてジャガーに運んでもらうことができたのだった。
バスを見つけたものの、運転席と乗車席が川を挟んで分離してしまっていた。そのため、運転席を何とかして向こう岸まで運ぼうとするも、うまくいかずにいた。そのとき、かばんが橋を作って運ぶことを思いつく。ジャガーとカワウソにも協力してもらって、最後はサーバルに運転席を運んでもらう。そして、運転席をくっ付けてバスが完成するのだった。しかし、電池切れでバスが動かないでいた。充電するためには山の上まで行かなければいけないのだった。
第3話
電池を充電しようと山頂に登ろうとするも、ロープウェイが動かずにいた。そこにトキが歌いながらやってきて、かばんは歌を褒めたことでトキは喜ぶ。かばんとラッキーはトキに飛んで山頂まで運んでもらうことになり、サーバルは自力で山を登っていくのだった。
山頂ではジャパリカフェがあり、中にはアルパカ・スリがいて、紅茶を出していた。そこで、電池を充電することができたのだった。みんなで草むしりをしてカフェがあることを空から分かるような模様を描いた後、サーバルも山頂まで登ってきて、アルパカに紅茶をご馳走してもらう。みんなで紅茶をおいしく飲んだ後、ラッキーが人力のロープウェイのセットが終わる。サーバルがペダルを漕いでバスのある地上に降りていくと、ショウジョウトキがカフェの模様に気づいて下りたのだった。
充電した電池でバスが無事に動いた。待っていたジャガーとカワウソも動いたことを喜ぶ。かばんとサーバルはラッキーの運転でバスに乗って移動していき、ジャガーとカワウソとお別れするのだった。
第4話
バスでさばくちほーを移動するかばんたち。ラッキービーストの運転で移動しているが、途中で砂嵐に遭遇。バスも止まってしまって焦っていたところにスナネコが飛ばされてきてバスが動き出して脱出する。そこで個性的なスナネコとの会話を楽しんでいると、バスの車内の床が熱が出てきてしまう。そのため、スナネコの住処である洞窟に行くことになり、そこでジャパリまんを一緒に食べたりする。そして、スナネコの協力で洞窟の奥の穴を通って通路に出ることができ、そこから図書館に向かうことになる。満足したスナネコと再会を約束して別れてバスが走り出すのだった。
地下迷宮に入ってしまうかばんとサーバル。二人はそこでツチノコと出会い、一緒に出口に向かうことになる。セルリアンに遭遇したりしつつも、何とか出口にたどり着くが、溶岩で通れなくなっていた。そこで、かばんの機転で非常口のマークから別の出口を発見。外に出ることができ、待っていたラッキービーストにも遭遇。ラッキービーストがしゃべったことで、ツチノコはかばんの正体に察しがついた模様。かばんとサーバルは、ツチノコと再会を約束して別れる。バスを見送ったツチノコは「あいつ、絶滅していなかったのか」と呟くのだった。
第5話
こはんまでバスで移動している3人。サーバルとかばんにバスをどうやって運転しているのかを問われたラッキービーストは、バスを自動運転していると説明。試しに運転してみるか聞いて、手動に切り替えたところで、サーバルが運転する。すると、バスは丸太にぶつかってしまい、いくつかの丸太が湖に落ちてしまうのだった。
丸太にぶつかってしまったことをアメリカビーバーに謝罪する三人。ビーバーは家をつくるために木を集めていたと話す。サーバルたちはお詫びの意味も込めて、家づくりを手伝うことにする。そして、木の材料を集めていたところ、オグロプレーリードッグが土に埋まっているのを見つける。プレーリードッグを救出したところ、プレーリードッグは挨拶としてキスをするのだった。
プレーリードッグも住処を作っており、二人で協力して木の材料を集めることに成功。そして、二人は家づくりをするのだが、中々うまくいかないでいた。そして、かばんの提案で二人で協力して家づくりをすることにする。二人は相性がよく、あっという間に家を作ることができた。かばんたちは、二人にお礼を言われて寝床となるものをプレゼントされる。二人に見送られながらその場をあとにして図書館に向かいだした三人は、途中のそうげんでオーロックスたちに足止めされるのだった。
第6話
オーロックスアラビアオリックスによって、ライオンのいる城まで連れてこられてしまったかばんとサーバル。当初は部下の前ということもあって、リーダーらしく威厳ある振舞いをして二人の処分は自分が担当するとして部下を下げたライオン。部下がいなくなると態度がとたんにくだけて、かばんとサーバルにも楽にするように言う。ライオンはヘラジカたちとの合戦を控えているが、このままでは危ないから何とかならないかなと話す。かばんは、各自につけた風船を道具を使ってお互いに潰した方が勝ちというルールの戦いをしてはどうかと提案。ライオンはこの提案を気に入って、サーバルとかばんはヘラジカの陣営として、ライオン陣営と戦うことになる。
本番の前にサーバルとかばんも、ヘラジカたちとの練習試合に参加することになる。サーバルはシロサイ、かばんはパンサーカメレオンとそれぞれ戦うも、相手が特性をいかす戦術をとれていないこともあって勝利している。ヘラジカは今までの戦いでも力押しでやっていたことを知り、かばんは今度の戦いでの作戦を提案。ヘラジカもそれを受け入れたことで、ヘラジカ陣営は今までのようにいかずに粘る。ヘラジカとカメレオンとかばんは城に潜入することに成功。カメレオンが門番のニホンツキノワグマを引き付けている間に、ヘラジカとかばんはライオンのいる部屋に到着する。ヘラジカとライオンによる一騎打ちとなり、互角の勝負となってお互いに風船が割れたことで引き分け。今までライオン陣営の51連勝だった合戦は52戦目にして引き分けとなり、みんなはより仲良くなる。
試合後、ライオン陣営も城を出る。今度は、かばんの提案で両陣営は手を使わずに足でけるルールで遊ぶ試合をすることにする。そんな中、今までじっと見ていたハシビロコウが、かばんに「もしかして、ヒト」と問いかけるのだった。
第7話
ハシビロコウはかばんのことをヒトではないかと推測。ハシビロコウ自身もヒトのことを詳しくは知らず、他のフレンズたちもヒトについては知らなかった。そのため、当初の目的通りにとしょかんに行って聞くことにするのだった。
としょかんに向かう途中の右側に道があり、かばんたちは中に入ることにする。中には、もんだいと書かれた看板があり、正しいと思う道に進む仕様になっていた。サーバルは文字を読めないが、かばんは文字を読んで進んでいく。ボスはアトラクションということで二人に任せており、サーバルとかばんは何度も間違いながらもゴールにたどり着く。としょかんが見えたところに、後ろから博士ことアフリカオオコノハズクと助手ことワシミミズクが現れる。二人は、かばんの正体について聞きたいなら料理を作るように言うのだった。
かばんは二人の用意した食材や本を使って料理に挑戦。文字が読めるかばんは本を楽々と読み、紹介された料理道具を使ってカレーを作っていく。サーバルは野菜を爪で切ってお手伝いする。かばんが火を使いこなしていた時は、サーバルたちは後ろに下がって怖いと言っている。
カレーは無事に完成して、博士と助手はスプーンを使って食べると教えられて頂いていく。最初は辛いと不評だった二人だが、徐々にカレーに病みつきになる。おかわりも頂くようになり、満足してかばんの正体について教えることになる。
かばんの正体はヒトだと教える博士と助手。ヒトについて知っていることを教える二人。そして、ヒトは絶滅していると言い、パークから何らかの原因でいなくなったことを話している。副賞にPPPの復活祭のチケットを渡し、かばんとサーバルはPPPのライブを見に出発するのだった。
第8話
みずべちほーに到着したかばんたち。他にもフレンズが大勢いて、ラッキービーストも複数いた。PPPのライブを見ようと木に登るサーバルとかばん。近くにはマーゲイがいたことで、驚くサーバル。マーゲイがPPPファンであり、三代目のPPPが見れると興奮していた。
PPPが踊りの練習をしていたところ、サーバルとかばんはマーゲイも連れてPPPのところにやってくる。マーゲイのアイドルトークによって、初代と二代目のPPPにはプリンセスことロイヤルペンギンがいなかったことが判明。プリンセスは嘘をいっていたことがバレていたたまれなくなり、逃げだしてしまう。サーバルは合わせる顔がないというプリンセスをかついで木の上まで連れていく。PPPのトークが始まる中、マーゲイはプリンセスの声真似をして場を繋ぐ。そして、サーバルは出番だとプリンセスを木から落として舞台に上げる。こうして、PPPのライブは5人そろって始まって大盛況となるのだった。
ライブが終わった後、マーゲイはPPPのマネージャーに就任。その後、ジャパリパークは周囲が海に囲まれていることを知り、ヒトは最後に港で目撃されているという情報がPPPからもたされるのだった。
第9話
ゆきやまちほーに到着した一行。雪でバスが立ち往生したりもするも、ボスがタイヤに加工して再び走り出す。途中で湯気が見えたことで、バスからいったん降りて温泉まで歩いて寄っていくことにする。しかし、吹雪がおきたことでボスは凍ってしまってサーバルも寒さに震える。かばんによってかまくらを作って中に入ることにする。そして、吹雪をよけているとギンギツネキタキツネがかまくらの中に入ってくるのだった。
吹雪がやんできて、キツネの二人についていくかばんとサーバル。機器を直してから、一緒に温泉に向かうことにする。機器を直している間、ボスが再びいつもと違う声で話し始め、声の主はミライという女性であるらしいことが分かるのだった。
山の上を見ているとセルリアンが大量発生。かばんはソリを作って逃げることを思いついて、みんなで乗って滑っていく。そして、バスのあるところまで滑っていき、セルリアンをやり過ごすことに成功するのだった。
無事に温泉に到着した一行。そこにあったゲームをキタキツネが少しプレイしてから、そこにいたカピバラと一緒に入る。そこで、かばんは服を脱いでいいのかと疑問を述べると、フレンズたちは服は脱げるのかと驚く。みんなで服を脱いで温泉に入り、リラックスする4人。そして、港に海を移動できる大きなソリがあるという情報を聞く。温泉を楽しんだ後、宿泊所に向かうのだった。
第10話
ろっじに到着した一行。アリツカゲラの出迎えを受けて、中を案内してもらう。そして、見晴らしのいい部屋を選んで荷物を置いたかばんたち。かばんたちは中を冒険しようと歩いていると、漫画を描いているタイリクオオカミと会う。タイリクオオカミに怖い話をされて怖がる二人。その後に歩いていくとアミメキリンと会う二人。キリンはサーバルをヤギと見当はずれな推理をするのだった。ろっじに到着するとラッキービーストからミライの声が再び聞こえている。
ろっじで謎の影が見えたというアリツカゲラ。みんなで集まったところで雨が降ったため、かばんたちはそこでもう一晩過ごすことにする。夜に目覚めてサーバルがいないことに気づいたかばんはラッキービーストと一緒に探していると、ラッキービーストからミライの声が聞こえてくる。そのときにサーバルが口元を汚して現れている。
翌日、キリンも謎の白いもやもやを見たという。夜にボスが再び話始めたところで、オオカミの悲鳴が聞こえる。オオカミも白い謎の存在を見たという。サーバルとかばんも白いもやもやを見たことで、みんなで集まるフレンズたち。夜にジャパリマンが減ってたことを思い出すアリツカゲラだが、それはサーバルが食べてたということで片付く。キリンはオオカミが犯人と見当はずれな推理をする。その後に考えがまとまったかばんは自分が犯人だという。白いもやもやはラッキービーストが反応して出たものであり、白いもやもやはミライを映していたものだと判明する。映像にはミライだけでなく、今のサーバルとは違うサーバルが映っていたのだった。
事件も解決してバスに乗って海に向かう。そこで船に乗ってみるも誰もいない。かばんは、サーバルに海の外にヒトを探しに行ってみたいというのだった。
第11話
大きな揺れを感じた方向に行ってみるとセルリアンがいた。かばんたちが危ないところをセルリアンハンターのキンシコウに助けられる。ラッキービーストは様子を見に行くと言い、かばんたちもついていく。少し進んでみるとセルリアンの巨大な足跡があり、同じくセルリアンハンターのヒグマとも出会う。助けになれないかというサーバルたちに、危ない目にあわせないために足手まといと言ってヒグマとキンシコウはセルリアン退治に向かう。そこにリカオンも待っており、三人のセルリアンハンターは巨大なセルリアンに立ち向かうのだった。
セルリアンに苦戦するヒグマたち。その様子を見てかばんたちは山頂に向かい、ミライの話にあった四神を探す。そこにアライさんがやってきて、お宝を独り占めするつもりだとかばんのぼうしをとる。フェネックに説明されて、アライさんに帽子を返す。するとミライの話が再び始まって、四神を探すことにする。ヒグマたちの戦うセルリアンはサンドスターが漏れだして再生して巨大化していくのだった。
ラッキービーストの警告があるも、みんなのためにできることをしたいとかばんは行動。漏れ出していたサンドスターを止めることに成功して、セルリアンの巨大化は止まる。それでも脅威であるセルリアンを退治するために、みんなで協力して黒セルリアンを退治する計画を立てる。日が暮れるのを待って、火で海まで誘導して倒すことにするのだった。
バスで黒セルリアンをおびき出そうとするも、途中でセルリアンの攻撃を受けて転倒。サーバルはかばんとラッキービーストを庇ってセルリアンに捕らわれてしまう。そんなサーバルを助けるため、かばんは自分を木に結んでセルリアンに突撃。サーバルをセルリアンから助け出すことに成功する。だが、サーバルをセルリアンから助けるために今度は自分が囮になってかばんはセルリアンに捕まるのだった。

登場キャラクター[編集]

かばん
声 - 内田彩
アニメオリジナルキャラクター。記憶喪失となっていたところをサーバルに発見される。かばんを持っていたことからサーバルに「かばん」という名前をつけられた。サーバルに自分が何の動物か分かるかもしれないと言われて図書館を目指す。
ミライ
声 - 内田彩
サーバル
声 - 尾崎由香 / 野中藍
記憶喪失になったかばんを見つける。かばんを図書館まで案内してくれている。
ラッキービースト
声 - ミライ
セルリアン
フレンズたちを襲う謎の生物。

さばんなちほー[編集]

フェネック
声 - 本宮佳奈
アライグマ
声 - 小野早稀
カバ
声 - 照井春佳
世話好き。

じゃんぐるちほー[編集]

コツメカワウソ
声 - 近藤玲奈
ジャガー
声 - 津田美波
フォッサ
声 - 七海映子
インドゾウ
声 - 幸野ゆりあ
アクシスジカ
声 - 早乃香織
キングコブラ
声 - 小野早稀
ミナミコアリクイ
声 - 本宮佳奈
クジャク
声 - 筑田行子
タスマニアデビル
声 - 佐々木未来
エリマキトカゲ
声 - 相羽あいな
オカピ
声 - 根本流風

ジャパリカフェ[編集]

トキ
声 - 金田朋子
アルパカ・スリ
声 - 藤井ゆきよ
ジャパリカフェで紅茶を出している。
ショウジョウトキ
声 - 綾乃あゆ美

さばくちほー[編集]

スナネコ
声 - みゆはん
ツチノコ
声 - 小林ゆう

こはん[編集]

アメリカビーバー
声 - 下地紫野
オグロプレーリードッグ
声 - 大空直美

へいげんちほー[編集]

ライオン陣営[編集]

ライオン
声 - 本多真梨子
オーロックス
声 - 原奈津子
アラビアオリックス
声 - 井上富美子
ニホンツキノワグマ
声 - 苅谷瑠衣

ヘラジカ陣営[編集]

ヘラジカ
声 - 國府田マリ子
オオアルマジロ
声 - 辻美優
アフリカタテガミヤマアラシ
声 - 石橋桃
シロサイ
声 - 丸山美紀
パンサーカメレオン
声 - 小見川千明
ハシビロコウ
声 - 小森未彩

じゃぱりとしょかん[編集]

アフリカオオコノハズク
声 - 三上枝織
ワシミミズク
声 - 上原あかり

みずべちほー[編集]

マーゲイ
声 - 山下まみ

PPP[編集]

ロイヤルペンギン
声 - 佐々木未来
コウテイペンギン
声 - 根本流風
ジェンツーペンギン
声 - 田村響華
イワトビペンギン
声 - 相羽あいな
フンボルトペンギン
声 - 築田行子

ゆきやまちほー[編集]

ギンギツネ
声 - 相坂優歌
キタキツネ
声 - 三森すずこ
カピバラ
声 - 杉村ちか子

ろっじ[編集]

アリツカゲラ
声 - 浅野真澄
タイリクオオカミ
声 - 伊藤かな恵
アミメキリン
声 - 野中藍

ハンター[編集]

キンシコウ
声 - 和多田美咲
ヒグマ
声 - 松井恵理子
リカオン
声 - 立花理香

その他[編集]

アードウルフ
声 - 照井春佳
マイルカ
声 - 尾崎由香

スタッフ[編集]

  • 原作 - けものフレンズプロジェクト
  • コンセプトデザイン - 吉崎観音
  • 監督・コンテ・演出 - たつき
  • シリーズ構成・脚本 - たつき[3]
  • 作画監督 - 伊佐佳久
  • 美術監督 - 白水優子
  • 撮影監督 - 石山智之
  • 音響監督 - 阿部信行
  • 音楽プロデューサー - 内田峻
  • 音楽制作 - ビクターエンタテインメント
  • プロデューサー - 細谷伸之、岡本泰幸、清水美佳、福田聡、秋尾浩史、石垣吉彦、工藤大丈、塩田友、和泉勇一、福田順
  • アニメーションプロデューサー - 福原慶匡
  • アニメーション制作 - ヤオヨロズ
  • 製作 - けものフレンズプロジェクトA

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」
作詞・作曲・編曲 - 大石昌良 / 歌 - どうぶつビスケッツ[アライグマ(小野早稀)、サーバル(尾崎由香)、フェネック(本宮佳奈)]×PPP[イワトビペンギン(相羽あいな)、フンボルトペンギン(築田行子)、ロイヤルペンギン(佐々木未来)、コウテイペンギン(根本流風)、ジェンツーペンギン(田村響華)]
挿入歌「大空ドリーマー」
作詞・作曲・編曲 - halyosy / 歌 - PPP[イワトビペンギン(相羽あいな)、フンボルトペンギン(築田行子)、ロイヤルペンギン(佐々木未来)、コウテイペンギン(根本流風)、ジェンツーペンギン(田村響華)]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
第1話 さばんなちほー たつき たつき たつき 伊佐佳久
第2話 じゃんぐるちほー たつき たつき たつき 伊佐佳久
第3話 こうざん たつき たつき たつき 伊佐佳久
第4話 さばくちほー たつき たつき たつき 伊佐佳久
第5話 こはん たつき たつき たつき 伊佐佳久
第6話 へいげん たつき たつき たつき 伊佐佳久
第7話 じゃぱりとしょかん たつき たつき たつき 伊佐佳久
第8話 ぺぱぷらいぶ たつき たつき たつき 伊佐佳久
第9話 ゆきやまちほー たつき たつき たつき 伊佐佳久
第10話 ろっじ たつき たつき たつき 伊佐佳久
第11話 せるりあん たつき たつき たつき 伊佐佳久

ニコニコ[編集]

2017/3/25のニコニコ生放送(1話~11話振り返り上映会)では274万コメントを記録し、まどマギ一挙放送の189万コメを遥かに超え、ニコニコ生放送史上コメント数歴代1位を達成した。2017/5/26の全12話一挙放送では418万コメントと、たった2か月で記録を大幅に更新している。

2017年3月31日にニコニコでキャラ人気投票を開催。サーバルが一位となっている[4]

ニコニコ動画の公式チャンネルでは全話が有料配信されているが、そのうち無料で見られる1話は、公開から223日目の2017/8/24に1000万再生を達成。それまで最速1000万再生記録だったBad Apple!! feat. nomico 影絵PVの355日を更新している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]