SNSの種類

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
SNSの一覧」節の内容がSNSの種類の解説ではなく個々のSNSを説明したものであることによる当該節の内容の除去及び移動に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

この記事「SNSの種類」では、たくさんあるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の種類を紹介する。

機能による分類[編集]

SNSは、機能面からみると日記型SNSや写真投稿型SNSなどに分類できる。

テキストのみのSNS
テキストのみを使うSNS。質素になりがちだが画像関連のトラブルが発生しないので画像付きSNSと比べて運営が楽であるというメリットがある。勿論テキストに関する各種トラブルなどは発生しうるので全く発生し得ないわけではない。
画像付きSNS
画像と共にテキストを投稿できるSNS。画像関連のトラブルが発生しやすい。
画像投稿型SNS
[書きかけ]
画像のみのSNS
こちらは画像しか投稿できないSNS。
動画付きSNS
[書きかけ]
動画投稿型SNS
動画を投稿して共有するタイプのSNS。
短文SNS
短い文のみで意思疎通を図るタイプのSNS。このタイプのSNSでは語の省略や文法の簡略化が発生しやすい特徴を持つ。
長文SNS
[書きかけ]
ブログ型SNS
例えばトラックバックやコメントなど、ウェブログとしての機能を備えたSNS。
アイコン付きSNS
ちょっとした画像を自分のアイコンとして設定して、そのSNS内で行動を起こす際にアイコンが付くようにできるSNS。
アバター付きSNS
アイコンと似ているが、こちらはSNS内で機能として用意された装飾を組み合わせて自分のアバターを作って設定し、そのSNS内で行動を起こす際にアバターが付くようにできるSNS。
アバターのパーツ自作機能付きSNS
ユーザーがアバターのパーツを自作して投稿し、許可されればそれを使用でき、また投稿したパーツを共有できるタイプのアバター付きSNS。ゲムキがいちはやくこのシステム導入して先駆者となった。
細かいプロフィール機能付きSNS
[書きかけ]
認証機能付きSNS
[書きかけ]
ブロック機能付きSNS
距離を置きたい相手に対して実行することで距離を置くことができるような機能(ブロック)が付いたSNS。なお、ブロックとは言ってもMediaWikiにおけるブロックとは異なるので注意。

目的による分類[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ただ単に集まったり知人と繋がったりすることのみを目的としたSNSも多いが、それ以外の目的を持っているSNSもある。


SNSの一覧[編集]

この節では今の所は主に日本で知名度の高いSNSを中心に紹介しており、すべてを網羅できているわけではない[1]。加筆者募集中。

ここでは、「SNS」をゆるやかなつながりを含めた広義の意味で用いる。

  • Twitter - ツイート(つぶやき)とよばれる短文を発信するSNS。なおTwitter社自身はSNSであることを否定している。
  • Facebook - 世界的に有名なSNS。
  • インスタグラム - 画像を共有するSNS。「インスタ映え」は新語・流行語大賞にも選ばれた。
  • mixi - 2000年代に天下を取った老舗SNS。
  • LinkedIn - ビジネス利用に特化したSNS。
  • LINE - 個人間のチャットのやり取りを中心としたSNS。
  • Youtube - 世界で最も大きい動画を共有するプラットホーム。広義にはこれもSNSである。
  • TikTok - 短い秒数の動画を共有するSNS。
  • ゲムキ - 少年少女が集まるコミュニティサイトを標榜する多機能SNS。掲示板を中心に様々な形での交流ができる。アバター作成・共有機能などの、当時としては画期的な機能を搭載している。

SNSを使うコツ[編集]

もし、あやしいメールや写真が来たらまずは疑うこと。簡単には信用してはならない。しばらく考えてから信用していいか判断しよう。判断に迷ったときは信用しないこと。

投稿するときには、相手を傷つける悪口でないか、相手を不快にさせる変な写真でないか確認すること。

このコツを覚えたならトラブルに巻き込まれないでしょう。

脚注[編集]

  1. SNSは今後もどんどん増えていくだろうと予想されており、すべての網羅は不可能である。