Enpedia:チェックユーザーの方針/草案

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

このページは草案です。効力は一切ありません。

rxy草案[編集]

この方針は、チェックユーザー 権限保有者が Special:CheckUser 関連機能(下記の定義を参照)を利用するに際して厳守しなければならないものです。

定義[編集]

  1. チェックユーザー機能とは、Special:CheckUser、および Special:CheckUserLog 等その他 チェックユーザー拡張機能 により提供される各種機能を指します。
  2. チェックユーザー権限保有者とは、Special:CheckUser、および Special:CheckUserLog ページへの有効なアクセスを行うことができる権限を有する者を指します。
  3. チェックユーザー情報とは、チェックユーザー機能を用いることにより得られた情報を指します。
  4. チェックユーザー実行者とは、チェックユーザー機能を用いて情報の取得を行った者を指します。
  5. チェックユーザー対象者とは、チェックユーザー権限保有者によってチェックユーザー情報の取得が行われる対象者すべてのことを指します。
  6. その他の定義は Enpedia:プライバシー・ポリシーEnpedia:免責事項 のものを用います。

依頼[編集]

依頼条件[編集]

チェックユーザー機能の実施を依頼するための条件です。

  1. 議論や投票において、攪乱行為が行われていると疑われる場合。
  2. 多数のアカウントを正当な理由なく使用していると疑われる場合。
  3. 現在ブロックされている利用者のブロック逃れであると強く疑われる場合。
  4. Enpedia:追加権限保有審査 で過去に審査を受けたアカウントを隠蔽していると疑われる場合。

依頼者要件[編集]

投票者要件[編集]

  • Enpedia:追加権限保有審査 の審査員資格者。
  • 依頼者は投票できないものとします。
  • 賛成・反対・中立 の何れかの投票が可能です。

投票期間[編集]

  • 最低でも 1 週間 以上(依頼時点から 604,800 秒以上経過していること)を必要とします。
  • 依頼から 3 か月を超えても実行に移されないものは無効になります。

使用条件[編集]

次に定める何れかの条件に該当する場合に限り、Enpedia:プライバシー・ポリシー と当方針の各最新版を順守したうえで、チェックユーザー権限保有者は当該機能の利用をすることができます。

  1. 必要な条件や要件を満たしたチェックユーザーの実行依頼で、投票者が 3 名以上、かつ実行賛成者が実行反対者に対して過半数を占めている依頼を遂行することを目的とした場合。
  2. 宣伝投稿を行っている利用者で、過去の事例に照らし合わせて明らかに自動化された宣伝行為を行う機械的利用者であると判断される場合。
  3. ページの破壊行為を行っており、明らかに緊急性が高いと判断される場合(要追認依頼)。
  4. その他、管理スタッフが必要と認めた場合。