首斬り朝

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

首斬り朝 は青年漫画。原作:小池一夫、作画:小島剛夕の劇画である。江戸時代の死刑執行人・山田浅右衛門を通して江戸の暗部を描く物語。

また、登場人物の女性の多くが強姦されることでも知られる。町娘の美少女・お絹は殺人犯に膣内射精される。尼の浄恵は、ならず者に寺で襲われ、裸に剥かれて犯されている。また、浅茅のおのぶは、婚礼の日に家を襲撃され、家族を殺された上で性奴隷とされた。また、犯罪者のおふさも、過去に義父に騙されてその慰みものとなっている。