登録文化財

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

登録文化財(とうろくぶんかざい)は、文化財(建造物、美術工芸品、有形民俗文化財記念物)のうち保存活用についての措置が特に必要とされるものを、文化財登録原簿に文部科学大臣が登録する制度である。

国土開発、都市計画の進展、生活様式の変化等で、消滅の危機に瀕している文化財を後世に幅広く継承していくためのもの。平成8年(1996年)10月1日に施行された文化財保護法の一部を改正により、届出制で指導、助言等を基本とする緩やかな保護措置を講じて、文化財指定制度を補完する。また、無形文化財は登録できない。

Wikipedia-logo.pngウィキペディア登録有形文化財の項目があります。