樫木亜衣

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

樫木 亜衣(かしき あい)は、『デジモンユニバース アプリモンスターズ』に登場する人物。

プロフィール[編集]

概要[編集]

13歳の中学1年生の女子。ハルのクラスメイト。金髪のショートにしている。優しい性格でクラスの人気も高い。家は「樫の木書店(かしのきしょてん)」という本屋。

ガッチモンの検索によるとハルが密かに好意を抱いている相手。第13話でアプモンのことを初めて知る。

動向[編集]

第1話
勇仁のサッカーの試合を友達と観戦。そのときに亜衣の笑顔を見てハルが赤面している。赤面したハルがサッカーのボールに当たったのを見て「大丈夫」と声をかけている。その後、ハルが勇仁と一緒に帰るのを見て、亜衣の友達が意外と言っているのを聞きながら見送っている。
メッセモンによって、様々な個人情報が流出。ハルがおねしょの写真を流出させられたころに、亜衣の前髪を切られすぎたときの写真が流出してしまう。そのときに勇仁に慰められている。
第2話
買い物に出かけるもナビモンによって道に迷ってしまう。そこで、ハルは勇仁とワトソンと一緒に亜衣を探しに行く。そして、勇仁が無事に亜衣を見つけるのだった。
第4話
ハロウィンにコスプレしてみんなで行く。ハルが遅いことを気にしつつ、みんなで写真を撮影してハルに送っている。これをキャメラモンが利用している。
第6話
ハルはエリを連れて亜衣の本屋を訪ねている。そこで、エリがハルにペロリモンについて聞いている様子を眺めている。
第7話
アプチューバーとして活動している飛鳥虎次郎の動画をハルやワトソンと一緒に見ている。
第13話
家の本屋でクリスマスのための準備をする。ハルと本の話をするのが楽しいと本を並べているとハルと手が触れてお互いに照れている。同じように勇仁もクリスマスの準備に来てくれており、ハルとのやり取りをみて笑顔を浮かべている。そんな中、クリスマスが暦から消える事件が発生するのだった。みんなに手伝ってもらったのに店のクリスマス会も中止になってしまうのかと暗い顔を浮かべるのだった。
店の樫の木に「クリスマスプレゼントはいらないから、みんなにクリスマスをプレゼントしてほしい」とお願いする亜衣。みんなにクリスマスに笑顔になって欲しいと願う亜衣の姿にいてもたってもいられなくなったガッチモンは「任せとけ」と亜衣の前に姿を現す。それを見たハルからアプモンについての話を聞いた亜衣はアプモンについての話を信じる。ハルにアプモンについて教えてくれてありがとうとお礼を言い、亜衣はハルを見送るのだった。
無事にクリスマスを取り戻したハルたちは樫の木書店の地下から出てくる。そこでハルたちはアプモンたちを含めて人目を気にせずにクリスマス会を開くことになる。地下にケーキを運んだ亜衣は楽しそうと喜び、アプモンたちとの秘密基地に使ってもいいと許可を出すのだった。
第14話
本屋の手伝いも一段落して、休憩で出かけるふりをして地下室に行く亜衣。エリが持ってきた書初めでセットでみんなで新年の抱負を書くことになる。それで、亜衣はハルのリヴァイアサンを止めるという抱負を見て、「できることを手伝いたい」と書いてみんなの協力をしたいと考えるのだった。その後、監視カメラの映像を見たところ、外でパズルゲームがあちこちで表示されるというトラブルが起こっていたため、ハルたちが解決に向かうのを見送るのだった。
第17話
樫の木書店として商店街の集まりでふじみ坂ニューイヤーフェスのイベントでエリを招くことを提案している。エリと一緒に商店街を歩き、エリのファンである初海を紹介している。

外部リンク[編集]