森山加代子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

森山加代子(もりやまかよこ、1940年3月23日 - 2019年3月6日)は北海道函館市出身の歌手。本名は林紀代子。

概要[編集]

  • 1940年3月23日、北海道函館市に生まれる[1]
  • 1958年、札幌のジャズ喫茶『ロータリー」で歌っていたところをスカウトされて上京する。マナセプロダクションに所属。水原弘が率いるバンド、ブルー・ソックスの専属シンガーとなる。
  • 1959年年12月、「日劇ウエスタンカーニバル」に初出場[2]
  • 1960年6月、東芝レコードからレコードデビューを果たす。イタリアの歌手ミーナの歌う『月影のナポリ』の日本語カバーが大ヒット[3]。50万枚の大ヒットであった。ザ・ピーナッツと競作であったが、ピーナッツはアップテンポ、森山は少しスローなテンポでレコーディングした[4]。その後の『メロンの気持』もヒット。
  • 1961年、中村八大のオリジナル歌謡『じんじろげ』がヒット。5月発売の『パイのパイのパイ』(作詞:渡舟人、作曲:添田さつき)がヒットする。
  • 1960年からNHK紅白歌合戦に3回連続出演。
  • 1970年、『白い蝶のサンバ』がヒット。これにより紅白歌合戦に8年ぶり4度目の出場を果たした。
  • 1972年3月、マネジャーで会社員の夫、林正和と結婚。
  • 2013年頃、3度目の声帯ポリープ除去手術を受け、徐々に第一線から引退状態になった。
  • 2018年、食欲が落ちる。
  • 2019年2月8日、ステージ4の末期大腸がんと判明し入院。すでに肝臓などに転移していた。
  • 2019年3月6日、東京都品川区の病院で死去。告別式は近親者で行った。喪主は夫の林正和[5]。享年78歳。

人物[編集]

  • 2018年9月15日、千葉県柏市民文化会館で行われた『オールディーズ ヒット パレード 青春チャリティーコンサート』が最後のステージであった。
    • 開催日時:2018年9月15日(土)開場15:00 開演15:30
    • 開催場所:柏市民文化会館 大ホール
    • 前売:SS席7,000円、S席5,000円、当日:各500円増、※全席指定席
    • 出演
      • ミッキー・カーチス
      • 森山加代子
      • 長沢純
      • 鈴木やすし
      • 田代みどり
      • 黒沢博
      • 山本リンダ
      • 園まり
  • 夫とは47年連れ添い、子供はいなかった[6]
  • 病院嫌いのため、医師の診察を拒んでいたという。周囲に説得されて精密検査を受けて大腸がんが判明した。

[編集]