指導スキル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

指導スキル (しどうすきる)とは、指導のためのスキルのことである。

なお、この項目は、書きかけであり、専門家の意見を必要としています。協力求む。

概要[編集]

裁量を持つ者が裁量下にある者に尊重し、効率よく具体的に理解出来るように伝え、なされる明示的な行為。それが指導スキル。 

裁量者が抽象的な指示で、裁量下の者が具体的に理解できず、指示が達成されなければ、裁量者、裁量下の両方とも不幸である

また、裁量者は指導スキルを持つ事を責任とする。

背景[編集]

昔は仕事でも産業が少なく仕事もやれる事が少なかった為、阿吽、見て盗め、抽象的につたえるなど時間掛かっても非効率でも社会が成り立っていたが、現代では新たな産業が増え続け仕事の内容も新たに増え続けているので昔のやり方が成り立たなくなっている。 だが、指導スキルが未熟な人は、阿吽、見て盗め、抽象的を強要しお互いに不幸になる。

この指導スキルの分野の研究も進み、わかっていなかった事が明らかになってきている


虐待を受けて成長した物が裁量者になった場合、指導スキルを得ても潜在的に正しいと思ってしまっている事が足かせとなり、感情コントロールが下手なまま、裁量下に虐待を行ってしまい、やめられない傾向が強い。虐待を受け、潜在的に正しいと思っている証拠に、虐待を恰好良いとさえ思っており、一方的に怒鳴った後、「どおだ 見てたか」等、周りに言う事がある。その割合は社会でも1割ぐらい存在する。

指導スキルのポイント[編集]

・目的の明確化

・責任の明確化

・具体性

・尊重

・意欲向上

・指摘

・旧世代の価値観を押し付けない 

勉強時間[編集]

経済教育学者の中室牧子氏より、約45,000人のデータ研究によれば、勉強意欲をなくす行動として一番言ってはダメなのは「勉強しなさい」だった。

東大生に必ず聞くこととして「親に勉強しなさいって言われたことある?」と聞くと、YESという答えは1回もなかったとの事こと。

抽象的で具体性がない、一方的で意欲もなくしている事を理解して頂きたい

詳細を記載したいが、他の方追記願います。

指導スキルが未熟で、どうすればいいかわからない、感情だけ先走ってしまうと、虐待につながってしまう。

指摘

私的をする際に、感情をぶつけてしまうと、伝えたい事が伝わらず、怒鳴られた事しか伝わらない

また人前であると、それも全面に出て同様である

人前でないところで、簡潔に伝え目的を達成する 

旧世代の価値観を押し付けない[編集]

「俺達の頃は」と不要な苦労を押し付けてくる裁量者がいるが、時代の流れを止めてしまうだけの自己満足である

姑の食洗器を使わせない等もそうである

企業では、時代を止めてしまわないよう 「俺達の頃は」を禁句にしているところがある

指導スキルが未熟であるが故に起きた事件[編集]

  • 時津風部屋力士暴行死事件
  • 日大東北高校相撲部ハンマー殴打事件 
    • 気合いは、集中力を上げる1つの素材であり、集中力が上がれば必ずしも必要とは限らない。気合いを勘違いしてしまい、間違った方向に進んでしまう事がある。メンタルトレーニングでは、怒鳴らない抽象的に物事をとらえてしまう危険性の1つである。
  • ブラックバイト事件 
    • 店長が裁量者が裁量下へ裁量を渡さず責任だけ渡してしまう。目的も抽象的である。人の手配、管理は店長の裁量責任である バイトは責任を負う必要はない部分で尊重もされてない。指導スキルが未熟な証拠である。昔は作業出来るだけで裁量者になる事が出来たが、 現代では指導スキルを持つ事が出来なければ、裁量者に成るべきではない。