ブリザック・スタグロフ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ブリザック・スタグロフとは、アクションゲーム「ロックマンゼロ」シリーズに登場するキャラクターである。

解説[編集]

鹿をモチーフにしたミュートスレプリロイドで、四天王レヴィアタンが率いる「冥海軍団」に所属している。自称「レヴィアタン一の部下」。腕からブリザードを発射したり、つらら状になっている角を飛ばして攻撃してくる。全体的に遠距離攻撃が得意であり、戦う際は接近戦を挑むと有利。

口癖は「むふー」。粗暴で単純な性格。ゼロ2に登場するポーラー・カムベアスとは、氷属性、レヴィアタンの部下、単純で粗暴な性格など共通点が多い。レヴィアタンの部下はこんな連中ばかりなのだろうか。

作中での登場[編集]

「ロックマンゼロ」では、レジスタンスの捕虜を助けるミッションにてボスキャラとして登場。「ロックマンゼロ3」では、バイルによって復活させられ、氷の前線基地にて待ち構える。倒すことでEXスキル「ブリザードアロー」が入手可能。

行動パターン[編集]

氷の角を飛ばす、吹雪を起こす、ジャンプする。それぐらいしか行動はない。ジャンプの最中に氷の塊を投げつけてきたりすることもあるが、行動パターンは読みやすく、さらに炎属性攻撃を浴びせると一時的に動きを止めさせることもできる。彼に限らず、ロックマンゼロシリーズの氷属性ボスは、ゼロ4のフェンリー・ルナエッジを除きほとんどが軽くあしらえる程度の強さしか持っていない。