ヒッポリト星人

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒッポリト星人とは、『ウルトラマンA』に登場する宇宙人。

データ[編集]

  • 別名:地獄星人
  • 身長:50メートル
  • 体重:6万3千トン
  • 出身地:ヒッポリト星
  • CV:谷津勲

概要[編集]

第26話「全滅! ウルトラ5兄弟」、第27話「奇跡! ウルトラの父」に登場。

地獄惑星とも呼ばれるほど恐ろしい環境をしている惑星ヒッポリト星から地球侵略のために地球にやって来て「宇宙で一番強い生き物」と自称しており、ウルトラマンAとの戦いでは、Aをヒッポリトカプセルで閉じ込めてヒッポリトタールでブロンズ像に変えてしまい、Aを助けにやって来たゾフィーウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックのウルトラ4兄弟と交戦してウルトラマンとゾフィーをヒッポリトカプセルに閉じ込められて助けようとしたジャック、奮闘したセブンもヒッポリトカプセルに閉じ込めて全員、ヒッポリトタールでポーズを取った状態でブロンズ像したことで一度勝利した不意打ち、だまし討ちを好む卑劣な性格をしており、極めて高い戦闘能力を持った宇宙人である。

武器としては管のような口から放つ火炎、強風、腕から撃つミサイル、3本の頭の突起からのショック光線、丸い目からの怪光線、腹部からの破壊光線、幻像を見せたり、相手を閉じ込めてしまう巨大なカプセルであるヒッポリトカプセル、ヒッポリトカプセルから噴霧して相手を固めてブロンズ像に変えて生命活動を停止してヒッポリト星人が死亡してもブロンズ化が解けても生命活動は停止したままになってしまう特殊なコールタールであるヒッポリトタール。

高い戦闘能力を持っているが、防御力は低い。

スーパーヒッポリト星人[編集]

データ[編集]

概要[編集]

映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』に登場。

ヒッポリト星人の同族であり、謎の黒い影法師の配下。

初代との違いはイカのような糸目、シャープな体型、尻尾は3本、鱗は水色、腕の太い突起。

武器としては、胸の発光体からのブレストクラッシャー、口からのヒッポリト・ファイヤーボム

高速で空中を飛行することが可能な飛行能力を持っている。

地獄のジャタール[編集]

概要[編集]

ウルトラゼロファイト』第2部「輝きのゼロ」に登場。

ウルトラマンベリアル配下のダークネスファイブの一員であるヒッポリト星人の同族。

外見はスーパーヒッポリト星人と同じであり赤い目をしている。

一人称は「私」、笑い声は「ヒョホホホホ」「ギョポッ」という甲高い声。

ヒッポリトカプセル、ヒッポリトタールを使用しないで触れるだけで相手をブロンズ像にすることが可能であり、変身能力を持つ。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科