チャージマン研!

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャージマン研!とは、株式会社ナック(現・ICHI)が制作したアニメである。

概要[編集]

1974年にTBSにて放送された。地球侵略を目論むジュラル星人と、10歳の少年・泉研の攻防が描かれる。大抵一話完結の話が多いが、研の家族や関係者、ジュラル星人のリーダーなど、アニメに何回も登場するキャラクターも存在する。なお、「チャージマン研」という名前は研が変装した時に名乗る名前である。 2019年にはミュージカル化もしている。詳しくは#ミュージカルの節を参照。

登場人物[編集]

泉 研(いずみ けん)

主人公。普段は小学校に通う10歳の少年。普段は胸元に「K」と書かれた黄色いタイツと赤いスカーフ、茶色い靴を着用している。非常時には光の力を利用してチャージマン研に変装[1]し、ジュラル星人と戦うが、どのような経緯があったのかは一切明かされていない。なお、変装は光が無ければできないが、変装さえすれば怪我が治るなどの周辺回復も行われる。トマトジュースと算数が苦手で、ハニートラップに弱い[2]。ジュラル星人に対しては全くと言って良いほど容赦せず、冷酷に対応して殺害する。しかし、一部のジュラル星人には敬意を示したり認識を改めたりすることもある。ジュラル星人が変身していたプロレスラーに容易に勝つなど身体能力も高く、テレパシーなども使用することができる。また、テニスやバイクレースなど幅広い分野において天才的な才能を発揮している。

泉 キャロン(いずみ キャロン)

研の妹。7歳。両親は日本人だが、どうしてこの名前になったかは不明。襟のある赤い服にネックレスを着用する。髪はポニーテールで、リボンをしている。他にも美容体操を行なったり料理に肉ばかり出された際には「野菜が食べたい」と嘆いたりと、健康・容姿面では繊細。アメフト大会では研よりも星君を応援した。兄が研であるがゆえよく人質に囚われるなど、不幸体質でもある。ジョニーのファンである。

脚注[編集]

  1. 変身ではなく、「変装」である。
  2. 魔王が変身した少女についていって罠にかかったり、実はジュラル星人だったミユキを普通に家に連れて行ったりした。

関連項目[編集]