アヒルと鴨のコインロッカー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アヒルと鴨のコインロッカー』(アヒルとかものコインロッカー)は伊坂幸太郎の小説。2007年には、映画化された。

また、第25回吉川英治文学新人賞受賞作品。

あらすじ[編集]

現在と2年前が同時に描かれている。

現在

椎名は、引越してきたアパートで河崎という青年に出会う。初対面でありながら彼は、一冊の広辞苑を目的に「一緒に本屋を襲わないか」と誘ってくる。椎名は断り切れず、決行の夜、モデルガンを持って書店の裏口に立ってしまう。その後、椎名は河崎やペットショップの店長麗子から、2年前の話をいろいろと聞かされる。

2年前

琴美とその恋人ブータン人のドルジは、ペット殺しの犯人と出会ってしまい、目をつけられる。

関連項目[編集]