アットウィキ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
記事の重複についてに関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

アットウィキAtwiki, @wiki)はアットフリークスが提供するウィキサイト構築サービス。誰でも気軽に構築できることからWIKIWIKIと並んでよく見受けられるサービスとなっており、様々なゲームの攻略サイト、あるいは5ちゃんねるの専門板のスレの情報を蓄積するまとめサイトなどに用いられる。このサービスを利用したウィキサイトとしては主にアニヲタWiki(仮)が有名だろう。

概要[編集]

記事作成時に使用するマークアップ言語を10種類から選択でき、MediaWikiを含む様々なウィキとの間に記述方法の互換性がある。その中でメインの「アットウィキモード」ではプラグインという拡張機能(動画を埋め込んだり、コメント欄を設置したりなどできる)がさまざまに利用可能で、このプラグインは随時更新・追加されている。プラグインは&bold(){ほげほげ~}のように、アンパサンドやハッシュを先頭にしてプラグイン名を記述することで、波括弧内のテキストを装飾することが出来たり、あるいは括弧内に引数を入れることでプラグインの動作を調整したりできる。

ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまで@wiki情報流出事件の記事を執筆しています。

2014年には管理者情報が流出した騒動があり、緊急措置として全利用者のパスワードがリセットされるということが起きた。このとき、サーバー上のデーターが不正改竄される恐れが指摘され、人気サイトの一つである「パズドラwiki」でもサイト上に不審なファイルがアップロードされるという被害が報告されていた。利用者たちの間では別サービスへの移行が呼びかけられたり呼びかけられなかったりしたが、公式発表では改竄被害などは確認されず、利用者の間では少なからず警戒を呼び掛ける声があるものの、相変わらず安定した人気を誇っているようだ。

なお、管理者が失踪して放置されたサイトに関しては、アットウィキ運営が新たに申し出た有志に対して管理者権限を委譲する制度を持っており[1]、他にもサイト管理の方法に関してサービス運営自体が相談に乗ってくれるような柔軟性を持ち合わせているようだ。

脚注[編集]

関連項目[編集]