よみもの:自転車移動にオススメの雨具

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
都会は交通網が発達しているため自転車が要らず、
田舎はマイカーを持つことが一般的な世の中です。
スポーツチャリ用製品は色々ありますが、
ママチャリ等で移動するための便利グッズは、意外と見つけるのに苦労するものです―――。


ゆえあって「自転車をメインに使いたい!」という奇特な方向けに
オススメの雨具+αを紹介します。




  1. ポンチョ型レインコート (Amazonリンク
    全身を覆う一枚布。着脱が楽。
    上半身も下半身も、これ一枚で大体防げる。
    普通のカッパのように、前ボタンの綴じ目から雨水が侵入して困ることがない。
    自転車の前カゴに入れた荷物を覆うこともできる。
    (前カゴを覆う場合は、風でめくれないようにターンクリップで押さえるのがオススメ。洗濯バサミなどはすぐ取れる。)
    ただ、上からの雨に強い一方、地面に溜まった水をタイヤが跳ね返すのは防御できない。あと、ダサい。
  2. 雨楽楽パンツYahoo!ショッピングリンク
    横から留めるタイプの下半身用カッパ。
    靴を履いたまま、一瞬で着脱できる。
    (普通のカッパは、上半身はともかく下半身の脱ぎ着があまりに面倒。目的地に着いてから着脱に困るのでやめておくべし。)
  3. レインブーツカバー (Amazonリンク
    靴の上から履けるカバー。膝近くまで防御でき、ズボン裾を汚さずに済む。
    ファスナー式で、着脱は意外と楽。
    サイズは一択。靴底30.5cm以上は厳しいかも。
  4. 自転車用・傘ホルダー (Amazonリンク
    目的地近くに駐輪してから、建物の中に入るあいだにも、傘は必要。
  5. 自転車用ストラップ (リンク
    前カゴには大きい鞄が入らないことがある。
    リアキャリア(サドル後方の台)に鞄を取り付けるストラップがあると便利。
    昔懐かしいゴム紐の進化バージョンのようなもの。(サイズ調整や取り付け時間が、圧倒的にゴム紐より楽。)
  6. 大型自転車カゴ (Amazonリンク
    大型カゴ付きの自転車は、専門店を見ても通販で探しても意外と見つからない。
    カゴだけ買って、既存の自転車のカゴと取り換えるという手がある。
    ただし、ネジの付け締めなどは自分でやる必要がある。
    (年季の入った自転車は、ネジが錆びて外れないことがあるので注意。)