よみもの:マスキングテープ入門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、荒巻ストイチコフが作成したものです。
他ユーザーの編集も歓迎いたします。
マスキングテープ入門
本稿は、「マスキングテープに興味はあるけれど、どんな種類があるの?」「マステの使い方とは?」という全くの初心者、時に中級者向けです。

マステはコレクションだけではありません。マステの種類などは、全て個人の主観です。

マスキングテープとは[編集]

マスキングテープとは、元々は塗装などでテープを貼ることでそこだけ塗装されないようにする物だったのですが、最近は可愛い柄が売り出され、もはや文房具のひとつとして確立しています。 ここで、私なりのマスキングテープの種類を述べます(おもいっきり独自研究)。

無地[編集]

mt等が出しています。その名の通り、色のみのマスキングテープです。黒いマステ(mtで言うところのマットブラック)は一部のカメラ愛好家に好まれているそうですよ[1]

柄付き[編集]

国内

柄は本当に様々です。地域性の現れた物も存在しますし、百均にも売っています。 もし興味を持ったなら、まずは百均で見てみては如何でしょうか。

海外マステ[編集]

幅広人物マステ

人物の全身が描かれているマステです。 個人が通販で出している場合もありますし、送料を度外視するなら海外通販も可能です。この手のマスキングテープの通販サイトに行くと「特殊インク」とありますが、これはUVインクで艶を出しているのです。 金色などの箔押しの物もありますが、これは国内にもありますね。

柄付きマステ

日本のものと似ていますが、絵の雰囲気が少し違う場合もあります。

使い方[編集]

脚注[編集]

  1. 参考リンクによると、盗難防止や写真写りを良くするためだとのこと。