よみもの:ニンテンドーDS Liteの品不足

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、Fusianasan1350が作成したものです。
他ユーザーの編集も歓迎いたします。
本のアイコン.png
全文を読むには 約 2 分 16 秒 かかります。(※時間は目安です。)

wp:ja:ニンテンドーDS Liteに一切の無出典で書かれていた文章だが、捨てるには惜しく通常記事空間に投下するのも場違いなので「よみもの」として移入することにした。

気が向いたら、出典付きでjawpに復帰させるかもしれない(するとは言ってない)

本文[編集]

日本では、従来のDSが前年末から慢性的な品不足状態にあったこともあり、発売開始当初から品薄状態が続いた。任天堂では「2006年3月期のDS Liteの出荷量を45万台とする」と発表。また、需要の拡大による混乱を防ごうと、DSソフトの『Touch! Generations』シリーズの一部を4月下旬まで延期する対策を取った。その後、大型家電量販店などに大量にDS Liteを出荷するものの、入荷して即完売という状態が1年以上にもわたり続いた。なお、2006年3月1週から2007年9月1週まで週の販売台数は10万台から60万台で推移。その間10万台を切ることは一度も無かった。 購入後、すぐにインターネットオークションなどで大量に出品し、倍程度の価格で転売する者も多く現れた。クリスマス商戦期ではインターネットオークションでは20,000円を超えていた時もあり、これらの転売のほかにもDSソフトとの抱き合わせ商法やプレミア価格と称した価格高騰が数多く見られている。日本国外向けの本体を輸入して、日本向け製品より若干高い価格で販売している例が一部のゲームショップでみられる。また、ウォン安の影響により、日本国内よりも安い価格で購入できることから、韓国で購入する日本人が大量に現れた(これらの店の中には、日本人向けに日本語の案内を出している店もあった)。北米や欧州向け製品は、設定を変えれば日本語表示が可能であり、ゲームの動作にも制限はないが、日本での任天堂による保証やサポートはなく、万一故障が発生した場合に日本国内でも修理は受け付けてくれるものの、保証期限の内外問わず有償修理となり、シリアルナンバーを含めたハウジング部分や、BIOS部分が含まれるCPU基板等が、日本市場用の部品と交換されるケースがある

品薄は徐々に改善され、2008年春頃には一旦、おおよそは店頭で常時購入可能な状態になったが、ニンテンドーDSiの発売直前の2008年10月くらいから、再び品不足状態に陥っていた。

出典[編集]

見ての通り何一つとして存在しない。これではjawpから抹消されても何も文句は言えないだろう……(.˙∠)

その他[編集]

尚Jawpから該当の記述を消してJawpのノートに移したのはこいつです。(本人によるコメント--2018年3月12日 (月) 22:27 (JST))