龍光院黒田家霊屋

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

龍光院黒田家霊屋(りょうこういんくろだけたまや)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町の龍光院内の仏堂。

桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、銅板葺の小規模な禅宗様の方三間堂である。組物、木鼻、実肘木の絵様等精緻な造りは現存数が少ない桃山時代の霊廟建築として価値が高い。また禅宗寺院において塔頭の発展を支えた大名家との関係を如実に物語るもので、中世末から近世初期における禅宗寺院塔頭の構成を知る上で貴重である。龍光院創建時の慶長13年(1608年)に竣工したとみられる桃山様式の建物であり、内部に黒田如水(黒田孝高)とその妻照福院の五輪塔を安置する。境内南西の土塀西側に位置する。