隅延び

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

隅延び(すみのび)は、平安時代から鎌倉時代初期の木造建築に見られる建築技法の一つ。

隅柱を他の柱より少し長く造ることで、軒反りを美しく見せるために考え出された技術である。室町時代中期頃までに使われなくなったとされている。

備考[編集]

  • 興福寺三重塔 隅延びの技法が見られたが、解体修理時に文化庁により柱が切りそろえられてしまった。隅延びがあまり知られていなかった時代の悲劇である。