観菩提寺楼門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

観菩提寺楼門(かんぼだいじろうもん)は、三重県伊賀市島ヶ原の中世寺院建築。

桁行三間梁行二間の三間一戸、屋根は入母屋造檜皮葺、柱は総丸柱、勾配緩かで軒端に著しい反りのある造りとなっている。上層は各面を開け放ち腰には厚い廻縁を巡らして高欄を施している。下層三間は中央間を入口とし両脇を開け放ち、左右は外側には金剛力士像一対を内側には広目天と多門天の二天像を安置する。内側は鏡天井として両側は壁を塗りこめる。室町時代前期の楼門建築の優品とされ、建築手法に新和様禅宗様が混在し本堂よりわずかに古い時期の建立と考えられる。

外部リンク[編集]