葛根廟事件

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛根廟事件(かっこんびょうじけん)は、1945年8月14日に、当時の満州国興安総省の葛根廟(現在の中国内モンゴル自治区ヒンガン(興安)盟ホルチン右翼前旗葛根廟鎮)において朝鮮半島出身者を含む日本人避難民約千数百人(9割以上が女性や子供)がソ連軍と支那人暴徒に襲撃され千人以上が虐殺された事件。