禅宗様

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

禅宗様(ぜんしゅうよう)は、建築様式の一つ。中国大陸から導入された中国南宋時代から元時代の建築様式を取り入れ折衷様を発展させた日本独自の建築様式。かつては唐様とも呼ばれていた。現存例として、功山寺仏殿(山口県下関市)、永保寺観音堂(岐阜県多治見市)、円覚寺舎利殿(神奈川県鎌倉市)などがある。