真宗本廟東本願寺阿弥陀堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真宗本廟東本願寺阿弥陀堂(しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどう)は、京都府京都市下京区烏丸通七条上ル二丁目常葉町にある近代仏堂建築。

建築[編集]

木造単層、入母屋造、本瓦葺で元治元年の火災後に滋賀県東近江市の弘誓寺本堂を参考に再建された。寺観構成の上で欠かせない重要な建築で御影堂の南に並んで東面して建つ。御影堂に比しても格段に複雑な組物を備え、とくに内陣廻りは全面金箔押しで荘厳を極めている。組物は側柱上が四手先、入側柱上は三手先で、平面は真宗本堂の典型を踏襲する。