真宗本廟東本願寺菊の門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真宗本廟東本願寺菊の門(しんしゅうほんびょうひがしほんがんじきくのもん)は、京都府京都市下京区烏丸通七条上ル二丁目常葉町にある近代仏教建築。

建築[編集]

切妻造檜皮葺の木造四脚門で前後に軒唐破風を付して木部を総漆塗とする。明治44年(1911年)に御影堂門の北方に大寝殿への表門として亀岡末吉の設計で建立された。全体は伝統的四脚門の形式を踏襲しつつ彫刻や木鼻の絵様に近代的感覚が見られる。