由加神社本殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

由加神社本殿(ゆがじんじゃほんでん)は、岡山県倉敷市児島由加の社殿。

桁行3間、梁間1間、三間社で、屋根は大正時代の改修で銅板葺に改められたが、入母屋造の屋根二棟をひとつの屋根にまとめる比翼入母屋造の妻入で破風の美しさを正面にみせる。正面には3間の向拝が附き、背面を除く3方向に擬宝珠高欄付きの縁があり、身舎は円柱で正面に桟敷を入れ両側面は板壁で金箔を貼り、内部は内陣と外陣に分かつ。壁、柱等の細部に施された装飾彫刻や極彩色は、創建当時の輝きと江戸時代前期の建築様式を彷彿とさせる。