甚目寺東門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

甚目寺東門(じもくじひがしもん)は、愛知県あま市甚目寺東門前の津島街道に面した近世前期の門。重要文化財

概要[編集]

銅版葺、四脚門、切妻造で、主柱、控柱とも円柱の大型門で、桃山様式を残している。寛永11年(1634年)建立とされ、明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊したが、そのまま起こされたと伝わる。實成寺山門と類似点が知られる。