熊野神社本殿第二殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

熊野神社本殿第二殿(くまのじんじゃほんでんだいにでん)は、岡山県倉敷市林の熊野神社の社殿。重要文化財

概要[編集]

応仁元年(1467年)の兵火にかかり全焼したと伝えられ、その後現在の社殿が明応元年(1492年)に再建された。6棟からなる本殿のうち最も古くほぼ中央に位置し第二殿と呼ばれている。正面1間、奥行2間の隅木入春日造で、正面に1間向拝が附き、檜皮葺で棟に千木と堅魚木をのせる。全体に彩色が施されており、柱、垂木、虹梁、破風等を丹塗りとし、木口は黄土を塗り、板壁、裏板は胡粉で白塗りされている。比較的小さな社殿であるが、室町時代中期の建築様式がよく示されており、破風部分の曲面と二重に組まれた垂木配列や正面の吹寄格子は美しく調和している。大正10年(1921年)4月30日、重要文化財に指定された。

熊野神社は、古くは熊野十二社権現と呼ばれ、社伝によれば大宝元年(701年) に紀伊国(現在の和歌山県三重県の一部)の熊野より勧請された。明治時代初期の神仏分離令により熊野神社として祀られるようになった。