清田八幡神社本殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清田八幡神社本殿(きよたはちまんじんじゃほんでん)は、岡山県倉敷市曽原の社殿。岡山県の文化財。

現在の社殿は、江戸時代の寛永19年(1642年)に児島郡内の17カ村の氏子により再建されたもので、桁行3間、梁間2間、入母屋造、檜皮葺で、周囲に擬宝珠高欄付の縁が廻らされている。妻飾りは二重虹梁大瓶束式で、破風下に鰭つきかぶら懸魚を吊る。前面の3間向拝は、中央1間を軒唐破風としており、上に千鳥破風が付けられる。内部は前1間半を外陣とし、奥半間は扉で仕切り内陣としている。昭和35年8月23日、岡山県の文化財にしていされた。

社伝によれば清田八幡神社は、承久元年(1219年)に元々あった粒江の清滝山中から、やや南にあたる現在の場所に移転したと伝わり、総鎮守と称せられる児島の古社である。