法道寺食堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

法道寺食堂(ほうどうじじきどう)は、大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺の仏堂。重要文化財

鎌倉時代後期の建立世見られる桁行七間、梁間三間、単層、入母屋造、本瓦葺で、法会の際に食事等を行った場所である。緩やかな傾斜の屋根、柱上の簡素な組物等、奈良時代以来の伝統的建築様式を踏襲する、簡明ながら均整のとれた仏堂である。建具に後世の改変が見られるが、その他は保存が極めてよく、重要文化財に昭和35年(1960年)6月9日指定された。大阪府下の同時代の食堂は、金剛寺食堂河内長野市)とともにわずかに2棟が残るだけで大変貴重である。