橋本家住宅主屋 (大津市)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本家住宅主屋(はしもとけじゅうたくしゅおく)は、滋賀県大津市小関町の寺院建築。2013年3月29日に登録文化財に登録された。

木造平屋建ての切妻造及び入母屋造桟瓦葺建築。1644年に建てられ園城寺別所の坊として希少な遺構である。南東側の八畳主室に二間幅の大ドコと付書院が付き、庭園に臨む三面には縁が廻る。側廻りは柱上には舟肘木を載せて垂木を疎らに配る。1926年から1945年と1966年から1989年に改修されている。