栄西様

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

栄西様(ようさいよう、またはえいさいよう)は、重源様を発展させた鎌倉時代の建築様式の一つ。鎌倉建築も参照。

支那大陸から導入した宋時代の建築様式を栄西が日本独自に発展させたもので、折衷様に含める説もあるが栄西様として別の建築様式をする説が提示されている。現存例として、東大寺鐘楼(奈良県奈良市)、善福院釈迦堂(和歌山県海南市)等があるが、遺構は極めて少ない。