村田ちひろ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが村田ちひろの項目をおカタく解説しています。
本のアイコン.png この記事は全体が[ソース求む!]の状態のようです。
情報源をご存知の方は是非紹介してください。(強制ではありません。)
むらた ちひろ
村田 ちひろ
本名村田 千宏
別名義村田 千宏
生年月日1991年12月9日(29歳)
出身地日本国旗.png日本埼玉県川口市
身長163cm[1]
血液型B型
職業タレント
剣道家
活動期間1995年 - 2006年
主な作品
映画
『落下する夕方』
備考
バラエティ『天才てれびくん』てれび戦士(2000年度 - 2005年度)

村田 ちひろ(むらた ちひろ、1991年平成3年)12月9日 - )は、日本の女性剣道家(五段)。1995年(平成7年)から2006年(平成18年)までタレントとして活動。本名・旧芸名・剣道家としては、村田 千宏(むらた ちひろ)[注釈 1][3]

埼玉県川口市出身[4]1995年(平成7年)に子役として芸能界デビュー。1998年(平成10年)に剣道を始める。剣道に専念するため2006年(平成18年)に芸能界を引退。

略歴[編集]

人物[編集]

芸能活動[編集]

子供の頃から人見知りが激しくて、声を出すのも恥ずかしくて泣いていたような子だったという[1]。写真撮影時のみ、ちゃんと笑っていたようだった[1]。両親が、村田本人が人としっかり関わって生きていくために「まずはこの子が笑っていられるところから」ということで、新聞のタレント募集広告をきっかけに、4歳の時に芸能界入り[1][3]

小学3年生から中学2年生まで『天才てれびくん』にてれび戦士として6年間レギュラー出演し[1]、笑顔とハスキーボイスで人気を集めた[3]

「中学2年生の時、今しかできない事は剣道と学業を優先すること。芸能界での仕事も楽しくやっていて、番組の共演者・スタッフも大好きだったのだが、自分の中で中途半端にしたくなかった」と芸能界を引退した[1][3]

剣道家[編集]

小学1年生の時に消防官で剣道七段の父が指導者として在籍している剣道道場に入り、剣道を始める[1]。母を監督として家族とチームを組んで市民大会に優勝[1]、高校では柴田旗・大野杯争奪剣道大会優勝[1]、玉竜旗大会では先鋒を務め8人抜きの記録達成[1]、平成25年度川口市スポーツ協会優秀選手賞受賞[6]と優秀な成績を残し、明治大学卒業後にパナソニックエコソリューションズに入社し、剣道部(実業団)に所属[1]

2016年第58回関東実業団大会女子団体では中堅を務め、パナソニックエコソリューションズとして初の3位入賞を果たした[1]

川口御成姫[編集]

会社員として出場した2017年(平成29年)10月15日に埼玉県川口市川口総合文化センター・リリアメインホールにて開催された「第3回 川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり」(2018(平成30年)年11月11日開催)を宣伝する「第2回 川口御成姫」のコンテスト最終審査において、応募者316名の中から書類審査や面接を経て、ファイナリスト26名が最終審査に進み第2代川口御成姫に選出された[注釈 4][8][2][4]。「第3回 川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり」に「御成姫」としての出演や、イベントなどで川口市を盛り上げる活動をしている[2]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • Petit 村田ちひろ(2002年)
  • ピュア☆ピュアイメージDVD3 笑顔物語(2005年)

出演[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • purepure(2000年 - 2006年、辰巳出版)
  • Girls! vol.8 - 10(双葉社
  • 小学四年生(2002年6月号 - 7月号、小学館)モデル

関連書籍[編集]

  • セーター大好きアンパンマンとなかまたち(1996年、日本ヴォーグ社)
  • Prolog Vol.18(2001年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 雑誌『剣道日本』(2016年8月号、スキージャーナル)の12-13頁の連載コラム「剣道男子 時々 剣道女子」でのインタビュー、川口御成姫においては「村田千宏」名義で行っている[1][2]
  2. 剣道を始めたのは、小学1年生の時[1]
  3. 芸能活動については中学生まで行っていた事から[1]
  4. 「第2回 川口御成姫」のコンテストの応募対象については埼玉県川口市に在住・在勤・在学している満18歳から29歳までの女性であり(『第3回 川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり』開催時点での年齢)、未婚・既婚、国籍(任期中に日本に滞在し、日本語による日常会話と読み書きに不自由しない事)は問わない。20歳未満の者については保護者の同意が必要。ただし、応募時は高校生、芸能事務所の所属者、他のコンテストやイメージガールに選出されて任期中の者については応募は不可[7]

出典[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 「剣道男子 時々 剣道女子 第5回 村田千宏(パナソニックエコソリューションズ)」『剣道日本』2016年8月号(FujisanReader、12/164)(スキージャーナル、12-13ページ)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2代目「御成姫」に村田さん” (2017年10月25日). 2018年7月21日確認。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 “躍動「てれび戦士」 淑徳与野の先鋒・村田 あこがれの舞台で5人抜き”. 西日本新聞. (2009年7月26日). オリジナル2010年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100531062424/http://www.nishinippon.co.jp/nsp/kendo/gyoku2009/news/20090726/20090726_0004.shtml 2010年5月18日閲覧。 
  4. 4.0 4.1 4.2 “時のひと 第2代「川口御成姫」 村田千宏さん”. 毎日新聞埼玉版 (毎日新聞社). (2017年11月9日. https://mainichi.jp/articles/20171109/ddl/k11/070/281000c 2018年7月22日閲覧。 
  5. タレント紹介 [村田ちひろ]」、『Prolog』Vol.18、Prolog、2001年2020年9月1日確認。
  6. 功労者・優秀選手一覧”. 公益財団法人 川口市スポーツ協会. 2019年4月6日確認。
  7. そこのあなた!川口市のプリンセスになってみない!? 第2回御成姫コンテスト開催中!!”. ザッツ川⼝. メディアプロデュースジャパン2017年6月26日). 2018年7月22日確認。
  8. 川口市剣道連盟2017年11月14日のツイート - Facebook

外部リンク[編集]

天才てれびくん
1993年(平成5年)度
1994年(平成6年)度
クリスティ1 - 須山彩 - 栗山祐哉 - 清野努 - 小林一裕 - 山口美沙 - ジェニファー・ハースト - 田原加奈子 - 中條慎太郎
1995年(平成7年)度クリスティ1 - 須山彩 - 漆野友美 - 栗山祐哉 - 小林三義 - 清野努 - 三星眞奈美 - 阿部七絵 - 小林一裕 - 山口美沙 - ウエンツ瑛士 - 斉藤拓実 - 田原加奈子 - 中條慎太郎 - ジェニファー・ハースト - 渋谷桃子 - 相ヶ瀬龍史
1996年(平成8年)度栗山祐哉 - 鈴木愛可 - 保里優紀 - 阿部七絵 - 生田斗真 - 大塚清華 - 佐藤北斗 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - 坂田慎一郎 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 棚橋由希 - 相ヶ瀬龍史 - 饗場詩野
1997年(平成9年)度阿部七絵 - 生田斗真 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 相ヶ瀬龍史 - 海道亮平 - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野
1998年(平成10年)度ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 海道亮平 - ジェームス・マーティン - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野 - 安藤奏 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - 山元竜一
天才てれびくんワイド
1999年(平成11年)度石部里紗 - ウエンツ瑛士 - 大沢あかね - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 橋田紘緒 - ジェームス・マーティン - 福田亮太 - 饗場詩野 - 有紗2 - 佐久間信子 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - 須田泰大
2000年(平成12年)度伊藤俊輔 - 石田比奈子 - 逵優希 - 橋田紘緒 - 福田亮太 - 饗場詩野 - エバンス太郎 - 熊木翔 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 俵有希子 - 松下博昭 - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 須田泰大
2001年(平成13年)度エバンス太郎 - 熊木翔 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 竪山隼太 - 俵小百合 - 松井蘭丸 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 中村有沙 - 八木俊彦 - 豕瀬志穂
2002年(平成14年)度熊木翔 - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 松井蘭丸 - 飯田里穂 - 堀江幸生 - マイケル・メンツァー6 - 村田ちひろ4 - ローブリィ翔 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 八木俊彦
天才てれびくんMAX
2003年(平成15年)度岩井七世 - 山元竜一 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 堀口美咲 - Mikey6 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 桜井結花 - 八木俊彦 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2004年(平成16年)度白木杏奈5 - 井出卓也 - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - バーンズ勇気 - 篠原愛実 - ジョアン7 - 中村有沙 - 伊倉愛美 - 髙橋郁哉 - チアキ・レイシー10 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2005年(平成17年)度飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - 近藤エマ - チアキ・レイシー10 - 藤本七海 - 笠原拓巳 - 樹音8 - ライアン11
2006年(平成18年)度コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 大木梓彩 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 藤本七海 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - ライアン11 - 細田羅夢 - 加藤ジーナ
2007年(平成19年)度一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 藤田ライアン11 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 吉野翔太 - ベンジャミン12 - 松尾瑠璃
2008年(平成20年)度笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 重本ことり - 島田翼 - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 山田樹里亜 - 吉野翔太 - 伊藤元太 - 田中理来 - 中村あやの - 水本凜 - ベンジャミン12 - 木村遼
2009年(平成21年)度笠原拓巳 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 齊藤稜駿 - 重本ことり - 鈴木美知代 - 鍋本帆乃香 - メロディー・チューバック - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 中村あやの - 平田真優香 - 水本凜 - 渡辺青來 - 上妻成吾 - 木村遼 - 鈴木純一朗 - 鎮西寿々歌 - 長江崚行 - 白坂奈々
2010年(平成22年)度上原陸 - 齊藤稜駿 - 當山優奈 - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 風戸蘭七 - 木島杏奈 - 野村翔 - 松岡美羽 - 水本凜 - 三井理陽 - 矢部昌暉 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 中村嘉惟人 - 浅野優惟 - 小川向陽 - 金子凜太朗 - 斎藤アリーナダイアナ14 - 白坂奈々 - 田代ひかり - 岡田結実 - 椋木ホセマルティン15
大!天才てれびくん
2011年(平成23年)度木島杏奈 - 矢部昌暉 - 浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - ファデン咲美亜 - 岡田結実 - 勝隆一 - 島田太一 - 椋木ホセマルティン15 - 延命杏咲実
2012年(平成24年)度浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 山田陶子 - 延命杏咲実
2013年(平成25年)度金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 中里萌 - 野田真哉 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 中尾美晴 - 山田陶子 - 相澤侑我 - 延命杏咲実
Let's天才てれびくん
2014年(平成26年)度
2015年(平成27年)度
赤崎月香 - 齋藤茉日 - 辻村晃佑 - 瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 小西憧弥 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 笹原尚季 - 杉本瑛
2016年(平成28年)度瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 久保みのり - 胡内奏芽 - 辻晴仁
天才てれびくんYOU
2017年(平成29年)度原田明莉 - 小澤竜心 - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 齋藤泰世 - 船越夏子
2018年(平成30年)度小澤竜心 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 齋藤泰世 - 船越夏子 - ギュナイ滝美
2019年(平成31年・令和元年)度久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 小田菜乃葉 - 川岸釈天 - 齋藤泰世 - 岸蒼太 - ギュナイ滝美 - 筧礼
天才てれびくんhello,
2020年(令和2年)度佐々木ゆら - 冨士原生 - 芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 谷川理音 - 松尾そのま
2021年(令和3年)度芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 勅使河原空 - 布施麻理亜 - 松尾そのま - 香月萌衣
1クリスティはてれび戦士名、クリスティー・コーサル。
2有紗はてれび戦士名、ダーブロウ有紗。
3安斎舞は2000年度途中で芸名・てれび戦士名を安齊舞に変更。
4村田千宏は2001年度に芸名・てれび戦士名を村田ちひろに変更。
5白木杏奈は2004年度卒業直前に杏奈に芸名変更。
6マイケル・メンツァーは2002年度途中でMikey(マイキー)に芸名変更。
7ジョアンはてれび戦士名、ジョアン・ヤマザキ。
8樹音はてれび戦士名、川﨑樹音(かわさき じゅね)。2007年度にてれび戦士名のものに芸名変更。
9コウタ・レイシーはてれび戦士名、洸太レイシー(こうた レイシー)。
10チアキ・レイシーはてれび戦士名、千秋レイシー(ちあき レイシー)。
11ライアンはてれび戦士名、藤田ライアン。2006年度途中でてれび戦士名のものに芸名変更。
12ベンジャミンはてれび戦士名、ミッチェル・ベンジャミン。
13あかりはてれび戦士名、寺田朱里エステル(てらだ あかり エステル、2010年度)、寺田朱里(てらだ あかり、2011年度から2012年度)。
14斎藤アリーナダイアナはてれび戦士名、斎藤安里奈ダイアナ(さいとう アリーナ ダイアナ)。
15椋木ホセマルティンは2011年度にてれび戦士名を椋木マルティンに変更。
16ニイナはてれび戦士名、長谷川ニイナ(はせがわ ニイナ)。
17林タケルはてれび戦士名、林武尊(はやし たける)。
18芹奈はてれび戦士名、梅田芹奈(うめだ せりな)。
19ソニアはてれび戦士名、マウスソニア。