旧閑谷学校講堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧閑谷学校講堂(しずたにがっこうこうどう)は、岡山県備前市閑谷の学校建築。国宝。閑谷学校は日本に現存する最古の庶民のための学校である。

元禄14年(1701年)に再建された、単層、錣葺の入母屋造、備前焼の本瓦葺である。妻飾りは、中央に蟇股を備え、左右には面取束上に舟肘木をのせている。軒は一間半繁垂木である。母屋の周囲に広い庇をめぐらし、縁は外周に柱を立て日中は吹放し、夜間のみ雨戸が閉じられる。柱材は欅を四つ割りにした丸柱を漆塗りして使用している。

旧閑谷学校は、岡山藩主池田光政が江戸時代の寛文10年(1670年)に津田永忠に命じ造らせた庶民教育のための学校である。講堂をはじめとして、小斎、習芸斎及び飲室、文庫、公門からなる