旧門司駅本屋

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧門司駅本屋(きゅうもじえきほんや)は、福岡県北九州市門司区西海岸の近代様式建築。施設については門司港駅を参照。

木造モルタル塗石綿スレート及び銅板葺、四周上家附属、外壁を石貼り風にみせる洋風建築である。建物の中央部は門をイメージした2階建で、その左右に平屋建部分を配した左右対称の意匠が記念性を強く表現している。建物は内外とも保存状態がよく本屋周囲の上家のほか乗降場の上家や連絡船の桟橋への通路など当初からの附属施設もよく残されている。日本の近代駅舎建築として貴重であり現在でも駅舎として使用されている点も高く評価される。明治24年に九州の玄関口にあたる駅として作られ昭和17年の関門鉄道トンネルの開通にともない門司港駅本屋と改称された。