旧第四高等中学校本館

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧第四高等中学校本館(きゆうだいしこうとうちゅうがっこうほんかん)は、石川県金沢市広坂の学校建築物。現在は石川県に貸与され郷土資料館石川四高記念文化交流館として活用している。 

概要[編集]

よく焼き締められたいわゆる焼き過ぎ赤煉瓦を精密に積み込んだ壁面に、白煉瓦の線や焦茶色の煉瓦を巧みに扱い、窓上のアーチの軽妙な円孤等が簡素ながら壁面の質感や意匠に深みを出し、端正で清楚な構成の名作である。明治24年(1891年)に完成した雇いの外国人ではなく、大学で正規に西洋建築の教育を受けた日本人建築家の作品として最古級の現存例である。

設計者は、文部省会計局所属の建築家である山口半六久留正道である。いわゆるナンバースクール旧制高等中学(後の旧制高等学校)の建築を多く手掛けた。彼等の現存する建築物は他に熊本旧第五高等中学校本館がある。山口は、エコールサントラール(仏)で建築を学び、当時の英国を模範とする傾向にあってやや異端の存在であったが、この建築でそのラテン的な抑制のきいた明快さをよく表わしている。

その他[編集]

旧制第四高等学校(第四高等中学校の後身、現在の金沢大学の前身校の一つ)の建築物のうち、物理化学教室、武術道場無声堂(主屋弓道場)は、愛知県博物館明治村に移築されている。

出典[編集]