旧石川県第二中学校本館

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧石川県第二中学校本館(きゅういしかわけんだいにちゅうがっこうほんかん)は、石川県金沢市飛梅町の近代様式建築。

木造2階建桟瓦葺一部銅板葺で平面は主体部の両端に翼部を設けたH字形で正面中央には車寄が設けられる。設計は石川県技師の山口孝吉である。内部は片廊下式を基本にして主体部では廊下の南側に教室を配置する。外観は窓まわりを下見板貼り腰を竪板貼りとしてギロチン窓を並べるなど洋風の意匠でまとめる。明治時代の設計指針を踏まえて両翼部の内側に尖塔を建てて屋根の要所にペディメントを飾り切妻屋根の小窓を規則的に配置する。明治32年に竣工した明治時代中期に改正された中学校令をもとに設置された中学校校舎の初期の遺例であり、装飾に独創性がみられ近代の学校建築の発展過程を知る上で高い価値がある。