旧東京医学校本館

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧東京医学校本館(きゅうとうきょういがっこうほんかん)は、東京都新宿区戸山の近代建築。

明治9年(1875年)に竣工した木造2階建の建物で、明治政府が官庁の建築工事を管掌させた工部省営繕局の設計である。明治44年(1910年)に屋上の時計台を撤去するなど規模を縮少し移築され、昭和44年(1966年)に現在地に移築された。昭和45年(1970年)に重要文化財に指定され、現在は東京大学総合研究博物館小石川分館として活用されている。

この建物は明治10年(1876年)に東京開成学校と東京医学校を毋胎としてつくられた東京大学発祥の由緒をもつ建築として学校教育史上の価値が高く、工部省営繕局設計の木造建築としても重要な遺例である。