旧上中田念仏道場

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧上中田念仏道場(きゅうかみなかだねんぶつどうじょう)は、富山県東礪波郡上平村小原尻崎の道場。富山県指定文化財。

正面入母屋造、背面切妻造、妻入、茅葺、桁行5間半、梁間5間で、内部は広縁、外陣、内陣からなり、外陣、内陣脇間、内陣の順に段差が設けられ、天井は棹縁天井である。文化3年(1806年)から文化4年にかけて建立されたと伝えられるが、備付けられた聖徳太子画像、七高僧絵像の裏書等からも、造立年代には矛盾がない。平成7年(1995年)に庄川右岸の上中田地区から現在地に解体の上移築され創建当初の姿に復元された。県の文化財には平成10年(1998年)2月25日指定された。