日本聖公会奈良基督教会会堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

日本聖公会奈良基督教会会堂(にほんせいこうかいならきりすときょうかいかいどう)は、奈良県奈良市登大路町の教会堂建築。重要文化財

概要[編集]

昭和5年に、奈良県内で古社寺修理の豊富な経験を持つ大木吉太郎の設計施工により完成した、木造の本格的三廊式教会堂で桟瓦葺一部銅板葺、西面渡廊下附属する。興福寺境内である奈良公園に隣接する立地条件から、勾配が緩く伸びやかな屋根、小組格天井、菱格子欄間等、和の要素で構成された、純和風意匠でつくられた教会堂建築である。古建築から着想を得た諸要素を巧妙にまとめ、各部のバランス、細部意匠とも秀逸で意匠的に優れている。古社寺修理から学んだ伝統的な要素を駆使して教会堂として完成させた、昭和時代初期の近代和風建築として高い価値を持つ。平成27年7月8日、重要文化財に指定された。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]