日本キリスト教団天城教会教会堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

日本キリスト教団天城教会教会堂(にほんキリストきょうだんあまききょうかいきょうかいどう)は、岡山県倉敷市藤戸町天城の擬洋風建築

概要[編集]

明治23年(1890年)に建てられた小規模な擬洋風建築であるが、正面車寄せの重厚な蛇腹にかこまれたペディメントやアーチ形の欄間、内部の祭壇廻りに用いた装飾手法などに明治時代の大工で伊予の棟梁吉田伊平の苦心の跡が伺える。外観はほぼ建築当初のまま残り、岡山県内では高梁基督教会堂(施工は同じ)に次いで古く地域のキリスト教伝道拠点として、布教過程を知る上で貴重な場所で歴史的に高い価値を備える。昭和56年(1881年)4月7日に敷地とともに、岡山県の史跡に指定された。