新宿御苑旧洋館御休所

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新宿御苑旧洋館御休所(しんじゅくぎょえんようかんごきゅうしょ)は、東京都新宿区内藤町の洋館建築。重要文化財

明治29年(1896年)に温室を皇族が利用する際の休憩所として建設されたもので、宮内省内匠寮が設計を担当した。木造平屋建で本屋を切妻造、スレート葺、庇部分を瓦棒型鉄板葺で、正面に玄関ポーチが付き、東側に旧渡廊下基礎部分が附属する。当時米国の住宅建築を中心に流行した様式を基本とした瀟洒な外観をもち、明治時代から大正時代における皇室関係の庭園休憩施設として唯一の遺構で、意匠的にも優れて高い価値がある。大正時代に改造されているが、太平洋戦争中の東京大空襲では新宿御苑内の多くの建築が焼失する中被害を免れ、日本の近代建築界において独自の地位を築いた宮内省内匠寮の作風の一端を知る上でも重要である。