文殊楼門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文殊楼門(もんじゅろうもん)は、愛知県大府市大東町の延命寺にある木造建築。大府市指定文化財。

寺の山門として天保7年(1836年)に起工し、天保11年(1840年)に竣工した三間一戸の楼門で、左右の後方に仁王像を安置する。楼上に文殊菩薩が安置されていることから文殊楼門と呼ばれる。総ヒノキ造、ニ手先斗組を用いた入母屋造で、斗組間に鳳凰、牡丹に唐獅子等の刻印がある。特色ある和様を取り入れ、精巧かつ派手な彫刻を施されている。昭和61年(1986年)に大規模な解体修復工事が行われた。