彌彦神社境内末社十柱神社社殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

彌彦神社境内末社十柱神社社殿(やひこじんじゃけいだいまっしゃとばしらじんじゃしゃでん)は、新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦の社殿。重要文化財

桁行三間、梁間三間、単層、入母屋造、妻入、茅葺、向拝一間、板葺、元禄7年(1694年)に長岡藩主牧野忠辰が奉納した。簡明な形式であるが、蛙股、虹梁、拳鼻等の絵様彫刻に桃山様式を伝えている。旧国宝に大正6年8月13日指定された。最近では昭和52年と平成2年に全面葺替えが行われた。

関連項目[編集]