常福院薬師堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

常福院薬師堂(じょうふくいんやくしどう)は、福島県大沼郡会津美里町新屋敷字山王塚甲の寺。別名、田子薬師堂とも呼ばれる。重要文化財。

鎌倉時代の1197年(建久8年)に、この地の長者、田子十兵衛道宥が飛騨の内匠に命じ建立したと伝わる。1956年(昭和31年)当時の文部省直轄工事として解体修理が行われ、屋根が宝形造から創建時の入母屋造に復原された。