崇福寺護法堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

崇福寺護法堂(そうふくじごほうどう)は、長崎県長崎市鍛冶屋町の仏堂。重要文化財。

大梁下面の墨書から享保16年(1731年)の建立と判明し、軸部は明確に支那工匠の製作であるが、屋根廻りは日本風寺院様式で、両国工匠の合作と思われ、柱の沓石の梅花奇獣の浮彫りも、支那工匠の手によるものとみられる。平面計画の柱割は特異で、黄檗宗の天王殿に形式が類似する。切組の支那工匠も当初はそれを意図したが地形上左右を通り抜けの中門とするのが不可能になり、大雄宝殿と対面する通常の仏堂となったと考えられる。長崎市内の福済寺(原爆焼失)、聖福寺や、宇治市の黄檗山萬福寺のような天王殿であれば、布袋、弥勒、韋駄天を中央部背中合わせに安置するが、ここでは中央に観音(もと禅堂に祀られていた)向って右に関帝、左に韋駄天を安置し、観音堂関帝堂天王堂等とも呼ばれ、扁額の護法蔵の文字から護法堂という。黄檗天井、柱上部の藤巻、挿肘木、扇垂木、半扉等は、黄檗様の特徴である。重要文化財に昭和43年(1910年)8月29日指定された。