小高記念館

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小高記念館(おだかきねんかん)は、千葉県館山市館山の近代建築。登録文化財

木造二階建で北西隅を切った形で、そこに玄関があり、ギロチン窓を並べる洋風外観を持つ。1階はもと営業室で、洋風内装であり、2階には10畳の和室2間が並ぶ。大正時代に古川銀行鴨川支店として建てられたものを、昭和5年頃に館山港に程近い現在の場所へ移築したと伝わる、港町の風情を彩る洋風建築である。移築後は事務所や文化交流の拠点として用いられ、現在は個人所有でNPO法人が活用している。平成28年2月25日登録された。

備考[編集]

  • ウォール街23番地のJPモルガン本店の影響が窺われる。