小野渉 (さかおり)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 渉(おの わたる、1968年 - )は、山梨県甲府市出身の個人事業主地方病研究家。「ウィキペディア」でのハンドルネームは「さかおり」。

M
2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwikiさかおりの項目があります。

経歴[編集]

山梨県甲府市出身であり、早稲田大学在学時には東京都中野区に居住していた。現在は地元・甲府市酒折(さかおり)で旅行会社を経営する個人事業主である。2009年11月にインターネット百科事典「ウィキペディア」のアカウントを作成し、初めて新規作成した記事は山梨学院小学校である。2012年に山梨県関連のページで「地方病」という言葉に接し、山梨で育った子どもの頃に聞いた記憶がよみがえった。軽い気持ちで調べ始めたが、連綿としたすごい歴史があるのに驚き、また先人たちに申し訳ないと思った。調べるほどにのめりこみ、書籍やネット上の文献を徹底的に調べ、水の張った田んぼに足を浸して住血吸虫の写真を撮った。仕事の傍らでパソコンの画面と向き合い、約1年もの長い時間をかけて、ウィキペディアに地方病というページを書き上げる。現在でも折に触れて新しい情報を加筆している。

地方病の記事を褒めてくれた伯父の死を契機に本名を出す決意を固め、2014年9月19日には朝日新聞山梨全県版に本名入りの記事が掲載された。2016年5月には新宿の工学院大学で開催された日本科学史学会大会でウィキペディアセッションの登壇者となった。同学会の様子を知りたい方は『科学史研究』2016年10月号(No.279)を読まれたい。2017年12月6日には毎日新聞山梨県版にインタビュー記事が掲載され、「武田鉄矢をイメージしている」と語るヘアスタイルを含めた顔写真が全国に暴露された。2017年までに約80の記事を作成しており、2012年からは日本語版に45人しかいない管理人のひとりでもある。海獺氏が開設したしたがきペディアのスタッフでもある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]